toggle
フラワーアレンジメント教室の開校を目指すならならイギリススタイルフラワーアトリエジューン
2020-10-09

フラワーアレンジメント基本形コーンシェイプの作り方とコツ

フラワーアレンジメントの基本形コーンシェイプについてご紹介いたします。

コーンシェイプの作り方、手順、コツを初心者の方にもわかりやすいように
お伝えいたします。

フラワーアレンジメントの基本コーンシェイプ

コーンシェイプはソフトクリームのコーンのような円錐形です。
横から見ると三角形、上から見ると円形です。
オールラウンドのアレンジですので、どこから見てもお花が配置されています。

コーンシェイプの用途

コーンシェイプは自宅や会場装花の場所に合わせて、
高さやデザインを応用でき、幅広く使える基本形です。

フラワーアレンジメント基本形コーンシェイプ、作り方手順

コーンシェイプを飾る場所

コーンシェイプはオールラウンドのアレンジですので、
テーブルの中心や会場装花など周りを人が通る場所に適しています。

コーンシェイプに適した花材

コーンシェイプに適した花材は、バラなどのマスフラワーと高さやラインを出すフィラフラワーやラインフラワーを組み合わせると作りやすく、ナチュラルなコーンシェイプが作れます。

マスフラワーに適した花材

バラ・ダリア・カラー・マム・カーネーション・ガーベラ

フィフラワー・ラインフラワーに適した花材

クレマチス・ベロニカ・フジバカマ・ダンギク・ラクスパー
デルフィニウム・ブルースター・ホワイトスター・カラー
スイトピー・スカビオサ・コスモス・チョコレートコスモス
黒ヒエ・シュウメイギク・チューリップ・スプレーストック

グリーン

アイビー・ゼラニウム・ローズマリー・ミント・キャットミント
カラミンサ・マルバルスカス・イタリアンルスカス・ユーカリ
ユキヤナギ・オリーブなど

コーンシェイプの作り方

仕上がりサイズ 高さ約50センチ直径約35センチ
花器のサイズ:高さ約18センチ直径約13センチ

使用花材

・バラ(フィスタ)
・ガーベラ(パスタベネチア)
・カーネーション(マリポサ)
・シュウメイギク
・黒ヒエ
・ホワイトスター

コーンシェイプの作り方手順

1、花器から約2センチほど出してフローラルフォームをセットします。

2、まず対角4カ所にグリーンを入れます。
  この時グリーンの長さは、花器と等倍くらいの13センチで
  カットします。
  花器の口に当たるようにグリーンを入れます。

フラワーアレンジメント基本形コーンシェイプ作り方、手順

4カ所のグリーンの間を丸くなるようにグリーンを入れます。

フラワーアレンジメント基本形コーンシェイプ作り方、手順

2、中心にグリーンを入れます。

フラワーアレンジメント基本形コーンシェイプ作り方、手順

3、ポイントフラワーを入れます。

1本目は中心のグリーンの3分の1のところに、
バラの花首が来るように入れます。

フラワーアレンジメント基本形コーンシェイプ作り方、手順

あと2本のバラを高さを変えて入れます。
2本目のバラは1本目のバラに対して花首1つ分高く、
3本目は1本目のばらよりは花首1つ分低く入れます。

1本目のバラ以外は、中心のグリーンと底辺のグリーンを繋いだ
円錐形の中に、概ね入るようにするとバランスが良く仕上がります。

フラワーアレンジメント基本形コーンシェイプ作り方、手順

4、ラインフラワーとフィラフラワーを入れます。
中心のグリーンに近いところかららせん状に入れていきます。

この時に注意するのはお花のボリューム感です。

上から1:3:5のお花のボリューム感にすることが、
バランスの良いコーンシェイプに仕上げるコツです。

フラワーアレンジメント基本形コーンシェイプ作り方、手順
フラワーアレンジメント基本形コーンシェイプ作り方、手順

5、インパクトの強いお花を入れます。
今回はガーベラとカーネーションを使用します。

空いているところかららせん状に入れていきます。

フラワーアレンジメント基本形コーンシェイプ作り方、手順

インパクトの強いお花は、高さの2分の1よりも低い位置から
入れ始めるとバランスが良くなります。

フラワーアレンジメント基本形コーンシェイプ作り方、手順

6、底辺のグリーンに沿うようにフィラフラワーを入れてから、
  フローラルフォームが見えいているところにグリーンを入れて
  完成です。
  

フラワーアレンジメント基本形コーンシェイプ作り方、手順
フラワーアレンジメント基本形コーンシェイプ作り方、手順

コーンシェイプの作り方プロのコツ
中心のグリーンかららせん状にだんだん低く入れていくこと、
低い花材ほどフローラルフォームの外側に挿していくと
キレイなコーンシェイプになります。

もう1つ!高いところと外側にでるお花は軽いものや、
細いものを使うとナチュラルでバランスよく仕上がります。


関連記事

イギリススタイルアレンジメントコース イギリススタイルフラワーアレンジメントコースでは、「一般社団法人Flower Works Japan資格取得コース」「フラワースマイルコース」「プレシャスコース」「ハンドタイドブーケコース」の4コースをご用意しています。
プリザーブドフラワーアレンジメントコース プリザーブドフラワーフラワーアレンジメントコースでは、「一般社団法人Flower Works Japan資格取得コース」「オリジナルコース」の2コースをご用意しています。
アーティフィシャルフラワーアレンジメントコース

アーティフィシャルフラワーアレンジメントにつきましては、通常レッスンは行っておりませんが、ご希望に応じて学んでいただくことが可能です。