toggle
フラワーアレンジメント教室の開校を目指すならならイギリススタイルフラワーアトリエジューン
2020-02-06

春のガーデンアレンジの作り方

春のお庭をイメージしたガーデンアレンジ。テーブルの中心に飾ると季節感を感じながらお食事できますし、玄関に飾ると外出する時や返ってきたときにホッとしたり♪お部屋の中のチェストやコンソールの上などに飾ると洋書に出てくるような素敵なコーナーに!

春のガーデンアレンジ作り方・手順

お家にあるお皿を使ってできますので、新たにお皿を購入しなくてもOK!

使用する資材

・お皿(直径約25センチ)
・フローラルフォーム
・ガーデンフェンス(幅12センチ×高さ15センチ)

今回は直径25センチくらいのお皿を使用しておりますが、置くスペースのよってもう少し大きなものを使っても大丈夫です。

使用する花材

・バラ4輪
・ガーベラ4輪
・スイトピー5本
・ルピナス2本
・リキュウソウ
・ワイヤープランツ
・アイビー

作り方手順

1.フローラルフォームをお皿にセットします。
お皿よりも一回り小さくお皿の形に添ってフローラルフォームを
カットしてから吸水します。(お皿の直径約25センチ)
厚みは約4センチ
お皿を使った春のガーデンアレンジお皿を使った春のガーデンアレンジ

2.グリーンで形をとります。
お皿と同じくらいの大きさになるように、
グリーンを入れます。
お皿を使った春のガーデンアレンジ
そのときの注意点はお皿とフローラルフォームの隙間が
空かないように、お皿の縁に沿って挿します。
グリーンを挿したらガーデンフェンスを中央に挿します。
お皿を使った春のガーデンアレンジ

3.ポイントになるバラを入れます。
高さはフェンスの半分くらいまでにおさめます。
入れる角度はフェンスに対して60度くらいです。
少し高さを変えるとよりお庭のナチュラル感が出ます。
バラのブルーミルフィーユを使った春のガーデンアレンジ
裏側も同じようにいれます。

バラのブルーミルフィーユを使った春のガーデンアレンジ

4.ガーベラをいれます。
バラの間にガーベラを入れます。バラと同じくらいの高さに1本
ガーベラのフリーダムリネを使った春のガーデンアレンジ
後の3本はバラよりも低めに
ガーベラのフリーダムリネを使った春のガーデンアレンジ
高さを変えてバラの間にガーベラが入っています。
ガーベラのフリーダムリネを使った春のガーデンアレンジ

5.スイトピーをいれます。
スイトピーは側面からぐるりと入れて、
バラとガーベラの間にも入れます。

スイトピーのステラを入れて春のガーデンアレンジ
ガーベラのフリーダムリネを使った春のガーデンアレンジ

6.ルピナスを入れます。
ルピナスはガーデンフェンスに沿わせていれます。

ルピナスを入れて春のガーデンアレンジ

7.グリーンで形を整えます。
フローラルフォームが見えいているところに
グリーンを入れます。
お花よりもグリーンが飛び出しすぎないように
気をつけてください。
春のガーデンアレンジ

8.ツルものを入れます。
ワイヤープランツはいろんな方向から挿して
ふんわりと遊ばせてください
ワイヤープランツを入れた春のガーデンアレンジ
ワイヤープランツを入れた
ワイヤープランツを入れた
完成です!!

最後に
玄関や棚など後ろが壁に飾る場合は、お花は片面だけでも大丈夫です。
お花を入れない場合はグリーンを入れてフローラルフォームが見えないように
してくださいね。


関連記事

イギリススタイルアレンジメントコース イギリススタイルフラワーアレンジメントコースでは、「一般社団法人Flower Works Japan資格取得コース」「フラワースマイルコース」「プレシャスコース」「ハンドタイドブーケコース」の4コースをご用意しています。
プリザーブドフラワーアレンジメントコース プリザーブドフラワーフラワーアレンジメントコースでは、「一般社団法人Flower Works Japan資格取得コース」「オリジナルコース」の2コースをご用意しています。
アーティフィシャルフラワーアレンジメントコース

アーティフィシャルフラワーアレンジメントにつきましては、通常レッスンは行っておりませんが、ご希望に応じて学んでいただくことが可能です。